シルク糸

シルクの糸は、多分使うことはないだろう。と思っていた。
高価であることや、普通のお店で手軽に買えないというのも、もちろんなのだけど。

私はベジタリアンで(ベーガンに限りなく近い)
別に肉食反対ではないけれど、
毛皮とか、ただの贅沢の為に無駄に動物を殺すのは反対で、
毛皮や羽毛は持たない。シルクや革製品もなるべく避けている。

でも、この間、中古本を落札した30秒後に落札してしまった。シルク糸。
まさか、こんな値段でシルクの糸が買えるはずがない。という値段で、
これもまた、誰かが高値でベッドしてるから、どうせ買えないんだし、とベッドしてみたら、買えた。
42束のシルク糸。

安さに負けた私のポリシー。貧乏人の性w

どんな感じかな~。と何か刺してみたくなり小さい物を。
輝く薔薇。

e0127245_1292051.jpg


e0127245_1293846.jpg


e0127245_1210084.jpg



糸がするするしていて、コットンとは違う刺し心地。
ものすごく光沢があって、きれい。写真ではわからないかもしれないけれど、ぴかぴかしてる。
シルクが人を魅了するのがどうしてだかわかる気がした。

図案は、La-Da-Daさんところから。
[PR]
by namiboxusa | 2009-11-16 18:55 | from freechart | Comments(0)
<< A Dutch Beauty 雑誌が届いています >>